NECは、東京都杉並区におけるリアルタイムな河川監視や道路冠水の把握に向けて神田川沿いやJR阿佐ヶ谷駅の駅前広場などを対象とした「IoT街路灯システム」を杉並区に納入した。2019年8月から12月までの間に杉並区内で実施した実証実験の評価・検証を踏まえ、今年8月から運用することになった。

杉並区に設置した「IoT街路灯管理システム」

 今回の運用では、神田川と善福寺川沿いのIoT化した街路灯5基にカメラを設置。河川水位の状況をリアルタイムにYouTubeで映像の確認ができるようになる。区のホームページにアクセスが集中してつながりにくい場合でも、区民はスマートフォンなどから直接SNS(YouTube)へアクセスして状況を把握することができる。管理者用カメラ4台も設置。区職員による河川施設の監視も行う。

 また、JR阿佐ヶ谷駅の駅前広場など、過去に大雨の影響で浸水被害が発生している場所には、IoT化した街路灯5基に冠水センサーを設置し、道路冠水を監視。センサーの情報は、区職員のパソコンやスマートフォンにアラートメールで届き、リアルタイムで情報収集できる。