ウイングアーク1stは、データ基盤ソリューションの最新バージョン「Dr.Sum Ver.5.6」の提供を9月22日に開始した。

「Dr.Sum」で実現する機械学習オペレーション

 最新バージョンでは、統計解析的手法や機械学習などのモデルを構築するためのライブラリーが豊富に揃っている「Python」との連携を実装。Python連携とDr.Sumの特徴であるビッグデータ処理技術の組み合わせにより、Pythonプログラムを大量の業務データやセンサーデータとシームレスに連携することができ、予測値の取得やプログラムの再学習を行うことが可能となる。

 このほかにも、データの前処理やエラー発生時のログ出力、分析結果の業務部門への共有など、機械学習モデルを運用するために必要な機能を兼ね備えており、一つのプラットフォームで機械学習基盤(MLOps)が構築できる。ビッグデータをスピーディーに機械学習モデルに投入できるほか、開発コストやインフラ投資の削減、障害発生のリスク低減で大きなメリットを生み出すことができる。

 税別価格は、基本となるDr.Sumエンジンが345万円(1サーバー/初年度の保守費込)からとなる。