さくらインターネットは10月26日、記者会見を開催し、経済産業省事業として開発・運用するクラウド上で衛星データの分析が可能な日本発の衛星データプラットフォーム「Tellus(テルース)」Ver.3.0の提供を発表した。Ver.3.0では新機能として「Tellus Satellite Data Traveler(テルース サテライト データ トラベラー)を追加。衛星データの売買が可能となる。
 
記者会見にはさくらインターネットに加えてパートナー企業なども参加

 記者会見で、田中邦裕社長は「インターネットサービスはローンチしてからビジネスとなる」と述べた上で「衛星業界でもインターネットサービスと同じようなスキームをつくりたい。衛星データを多くの方々に活用してもらいたい」との考えを示した。
 
さくらインターネットの田中邦裕社長

 また、記者会見には経済産業省の藤木俊光・製造産業局長も参加。「Tellusの利用者は2万4000人を超えており、一定の成果を上げている。Ver.3.0は、これまで以上に強化している。幅広い人が幅広い用途で活用し、日本の宇宙産業や経済がさらに飛躍してほしい」と期待を込めた。