富士通と富士通Japanは、健康経営に取り組む企業を対象として従業員の健康情報をもとに疾病休業者数の増減などの健康経営への効果を示すアウトカム評価を予測するとともに改善効果が高い施策を提示するクラウドサービス「LifeMark 健康経営ソリューション」の販売を11月4日に開始した。

LifeMark 健康経営ソリューション

 LifeMark 健康経営ソリューションは、点在する従業員の健康情報を集約し、東京大学大学院医学系研究科・川上憲人教授の研究室と共同開発した独自のアルゴリズムによる分析を行うことで血圧や睡眠時間などのリスク要因の変化がアウトカム評価に及ぼす影響を予測するシミュレーションが可能となる。

 また、従業員の健康情報を分析することによって組織の健康状態を可視化し、影響度の高いリスク要因を特定することで優先的に取り組むべき施策が立案できる。さらに、アウトカム評価の目標値を設定し、その目標値に対する経年変化を把握することで、前年度に取り組んだ健康施策の成果を可視化できる。富士通と富士通Japanでは、2023年度末までに売上高1億4000万円を見込んでいる。