アメリカン・エキスプレス・インターナショナル(アメリカン・エキスプレス)は、富士通が同社のアメリカン・エキスプレス・コーポレート・カードを全世界で採用し、世界最高水準の経費管理体制構築に向けて富士通とグループ会社の経費管理を一元化する。

アメリカン・エキスプレスのコーポレート・カードが富士通にもたらすメリット

 アメリカン・エキスプレスのコーポレート・カードの価値を最大限に生かし、富士通は全世界約12万6400人の従業員を対象に単一の経費精算・管理を行い、経費のDX化を戦略的に推進する。現在、経費精算方法や経費データは社内や国単位で別々に管理されているが、今後はアメリカン・エキスプレスのコーポレート・カードを全世界で採用することで、経費精算方法と経費データを一元管理し、従業員の経費精算の効率化と経費データの分析の効率化を図る。

 さらに、アメリカン・エキスプレスは自社のコンサルティングサービスを富士通に提供することで主要な経費項目に関する業界や競合との経費のベンチマーク分析や経費のコンプライアンス分析を通して、富士通の経費管理の高度化やガバナンスの強化をグローバルで支援していく。