レノボ・ジャパン(レノボ)とレノボ・エンタープライズ・ソリューションズ(LES)は4月19日、新たなパートナープログラム「Lenovo 360」を国内でも開始すると発表した。PCなどデバイス関連はレノボ、サーバーやデータセンター向け製品はLESと分かれていたチャネル販売パートナー制度を一本化し、パートナーが両社の製品を組み合わせた複合的な提案ができるようにした。両社のパートナー営業部門を統合し「パートナー事業本部」を新設したことも明らかにした。

 記者会見では、レノボとLESのパートナー事業本部の責任者を務める荒木俊彦・執行役員がLenovo 360について説明。デジタルトランスフォーメーション(DX)推進やハイブリットワークへの対応などによりユーザーのIT課題が複雑化し、単一商材の提案ではなく、製品を組み合わせた課題解決型の提案が求められていることからLenovo 360を開始するとした。

 新設したパートナー事業本部では、パートナーごとに専任の担当者をつけて支援を強化する。荒木執行役員は「窓口が一本化されることで、容易に相談できたり、(パートナーと専任者が)協力して複合的な提案をお客様にできるようになる。これまでパートナーが感じていたレノボの組織間の壁がなくなるはずだ」と述べた。パートナー事業本部は「詳細は明らかにできないが三桁規模の人員だ」という。

 パートナー向けポータルサイト「Lenovo Partner Hub」では、製品情報の閲覧や見積作成支援、共同デジタルマーケティング機能を提供する予定だ。