CData Software Japan(CData)の「CData Sync」と「CData API Driver」が、freeeの提供する各サービスのデータと連携を開始した。CData SyncとCData API Driverはfreeeのアプリストアに掲載される。


 CData Syncは、クラウド(SaaS)データをデータベースとデータウェアハウスに同期するレプリケーションツール。CData API Driverは、SaaSやクラウドAPIからODBC、JDBC、ADO.NET、SSIS、Excel、Power BIなどのインターフェースを通じて、データ利用を可能とするドライバ。

 今回の連携によって、freee会計をはじめfreee人事労務、freeeプロジェクト管理、freee受発注の各サービスのデータをAPI経由で取得し、AWS・MS Azure・GCPなどのクラウドサービス、ExcelやAccessなどのデスクトップアプリなど、外部サービス・各アプリとのデータ連携がスムーズに行えるようになる。

 また、取得したデータは、ビジネスインテリジェンスツールやスプレッドシート、データベースなどを利用して加工・分析することができ、経営情報の可視化や経営判断のデータリソースとして有効活用が可能となる。