ニュース

SAPジャパンから「S/4HANA Cloud」の最新版、製造業向けの機能を拡充

2022/10/06 16:00

週刊BCN 2022年10月10日vol.1941掲載

 SAPジャパンは10月4日、中堅企業向けのクラウドERP製品「SAP S/4HANA Cloud」について、パブリッククラウド型の最新版の提供を始めた。製造業向けの機能を拡充したことなどが主な特徴。今後、パブリッククラウド型を新規顧客に対して第一の選択肢として提案する方針で、パートナーエコシステムの強化や拡大を図る。
(齋藤秀平)

 最新版では、製造業向けの機能拡充として、設計や配送計画、需要主導型生産計画、納期回答、予測型MRP(資材所要量計画)、コンフィグレーション、プロジェクト管理、品質管理などの領域の機能を拡張。販売業務や製造業務といった業種や顧客固有の要件がある領域にも対応できるようになった。

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!
  5. 企業向けIT製品の導入事例情報の掲載が可能(登録および更新)自社の導入事例を無料でPRできます。
  6. ※会員登録フォーム内、「ITベンダー登録」欄での申請が必要です。
  • 1

関連記事

SAPジャパン 新オフィスで組織力を強化 斜めの「島」などでコミュニケーション促進

SAPジャパン、新オフィスで業務開始、柔軟な働き方などを実現

SAPジャパン パートナーパッケージ製品の提供を開始 中堅向け販売の100%間接化を推進

外部リンク

SAPジャパン=https://www.sap.com/japan/