New WebSERVE

杉本隆治 社長
 主力ソリューション群で、当社がもつ強みが詰まった「WebSERVE」を生まれ変わらせる年が2011年だ。キーワードは、ずばり「New WebSERVE」である。

 富士通システムソリューションズ(Fsol)の強みは、ユーザー企業の業種や業務の知識、仕事の流れを熟知している点だ。それにはかなりのこだわりがある。それぞれのユーザーに適した情報システムや、ITソリューションを提供するためには、ユーザーの業務を知っていなければならないからだ。

 クラウドの流れは2010年に加速し、2011年は従来以上にクラウドを導入するユーザー企業が増加するだろう。時代の流れに合わせて、「WebSERVE」も進化させていく必要がある。2011年は「WebSERVE」を順次クラウド化していくつもりだ。

 10年度上期(10年4~9月)はそれほど伸びなかったが、下期(10月~11年3月)に入ってやっと回復傾向に入ったと実感している。11年度もこの傾向は続くとみており、市場環境は好転した感触をもっている。ただ、これまで通りの提案で、ユーザーに受け入れられるとは思っていない。ユーザーは、コストと納期について従来以上に厳しい要求を突きつけてきている。市場環境はよくなっても、われわれのようなIT企業が成長するには、従来にはない商品・サービスの創出や、システムインテグレーションの手法を見直す必要がある。2011年は、変わらなければならない年だ。