先日、あるセキュリティ製品の販社を取材したとき、「最近、セキュリティ業界が変わってきた」と聞きました。

 「これまでは大手メーカーが業界を仕切っていた感があった」。この状況が変わろうとしているというのです。その販社は、こう捉えています。「まだまだ売上規模は小さいが、専業メーカーの製品が伸びている」。

 確かに、セキュリティ領域で製品拡充を図っている専業メーカーは、成長軌道に乗りつつあるようです。その1社、デジタルアーツが、パートナーイベントで成長戦略を発表。3か年計画でかなり大きな売上目標を掲げ、達成に向けた施策を販社に説明しました。

 5月の「情報セキュリティEXPO」は、出展企業が少なかった反面、企業あたりの小間が大きくなっていたように思います。業界の革新が起きているということなのかもしれません。(佐相彰彦)

【記事はこちら】
デジタルアーツ パートナー向けイベントで成長戦略を発表
メールマガジン「Daily BCN Bizline 2010.6.9」より