NECグループは、2009年10月、中堅・中小企業向け(SMB)ITビジネスを何とか拡大しようと、グループ会社を含めた組織改革を断行しました。キ―プレイヤーは、システムインテグレーション子会社のNECネクサソリューションズです。

 同社の森川社長には、就任以来、定期的にお時間をいただき、お話をうかがっています。記者が森川社長に魅かれるのは、そのバイタリティはもちろんですが、市場をしっかりと分析し、成功に向けた明確な戦略があるからです。インタビュー中に細かな事業の数字をお聞きすると、すぐに答えが返ってくる。一見、当たり前のように思えますが、その場ですぐに明確な回答を得られる経営者は、意外に少ないんです。

 森川社長は、今回、SMB戦略の一環として、SaaS販社網の整備に動きます。この記事でも、明確に数字を示しています。(木村剛士)

【記事はこちら】
NECとNECネクサ 構築始まるSaaS販社網 販売店370社の活用に着手
メールマガジン「Daily BCN Bizline 2010.6.18」より