2015年5月1日から、SIMロック解除の義務化がスタートしました。SIMロック問題は、5年以上も前から浮上していましたので「ようやく」といったところです。スマートフォンユーザーは、好きな端末、好きなキャリアを選ぶことができます。これで、国内スマートフォン市場が世界と同等になりました。市場の活性化につながると期待されます。

 端末の買い替え需要、キャリアの乗り換えを予測して、スマートフォンを取り扱う家電量販店やパソコン専門店は販売増に向けて、さまざまな策を講じています。自社の強みを生かしながら、新しいビジネスモデルを創出しているケースもあります。

 『週刊BCN』では、「気になるアイテムを徹底分析 店舗スタッフに聞く売れ筋商品」という連載を新しくスタートし、第一弾のアイテムとしてスマートフォンを取り上げました。取材を通じて、各店舗におけるスマートフォンの新しい売り方を把握することができました。(佐相彰彦)

【記事はこちら】
<気になるアイテムを徹底分析>店舗スタッフに聞く売れ筋商品――スマートフォン(3)
メールマガジン「Daily BCN Bizline 2015.5.12」より