私はここ1年間、ディスプレイの破損したスマートフォンを使い続けてきました。購入してからわずか2週間で地面に落としてしまったのですが、すぐに買い替えると余計にお金がかかって家族に迷惑なので、我慢していました。幸いにも、動作に問題はありませんでした。

 しかし、そろそろ買い替えの時期です。というのも、最近、妻もスマートフォンを落としてしまい、一部の操作が不能になりました。新しい端末を購入する必要があるのですが、私もこれに便乗して、一緒に買い替えてしまおうという魂胆です。懐事情は厳しいですが、いまなら壊したことを妻から責められる心配はありません。

 現時点では、いま流行のOPPOを購入しようと考えています。調査会社IDCによると、2016年の中国スマートフォン市場で、同社の出荷台数シェアは16.8%と1位を獲得。実店舗の急速な拡充や、大規模なPR広告が功を奏しています。

 店舗スタッフに話を聞いたところ、OPPO製品の一番の売りポイントは、高速充電技術「VOOC」とのこと。一般的なスマートフォンと比べて、4倍以上の速度で充電できるようです。ただし、地面に落としてしまったら壊れるのはどの製品も同じ。今回は、大事に扱いたいところです。(上海支局 真鍋武)