数年前にリタイアした父が、気が向いたときだけですが家事を手伝ってくれるようになりました。ただ、その進め方にちょっと疑問を感じます。例えば、洗濯をお願いすると、洗濯機をスタートさせたら終わるまでテレビを見て待っています。洗濯が終了したら衣類を干しに立ち上がり……。

 同じことを母がやると洗濯機が動いている間に食器を洗い、食器が洗い終わる頃には洗濯機が止まり、そのまま物干し場へ……。長年主婦をやっているとさすがに効率がいいなと感心するのですが、さて空いた時間に何をするのかと思えばテレビを見ています……。ん?

 効率よく家事をこなせば空いた時間を自由にできるのですが、暇つぶしのようにテレビを見ていては、もったいないような……。

 最近、働き方改革と叫ばれ、仕事の効率化が重視されていますが、本当に重要なのは空いた時間に何をするのか、なのかもしれませんね。(山下彰子)