ハイパー・コンバージド・インフラストラクチャ(HCI)が注目を集めています。Nutanixがこのまま首位を守りきるのか、SimpliVityやVMwareがNutanixの牙城を崩すのか――。見極めは難しいのですが、技術の粋を尽くした各社のテクノロジーの競い合いには、わくわくします。

 その昔、コンシューマ市場で起こった規格争いといえば「ビデオ戦争」があります。VHS対ベータマックス。どちらが生き残ったかは、皆様ご存じでしょう。わたしはメディアの業界に入ってから先輩に教えてもらったので、当時の様子を知りません。

 ですが、今は目の前で繰り広げられる攻防をつぶさに見ることができます。現在は海外勢のほうに勢いがありますが、NEC、富士通、日立などの国産勢の動きも興味深いですね。(山下彰子)