オンラインショッピングで、商品をカートに追加したまま購入せずにサイトを離れることを“カゴ落ち”というそうです。私の場合、カートに追加した時点で購入の意思は固まっているのでそこから引き返したことはありませんが、送料や手数料などがネックになり離れる方が多いようです。

 最近ではEコマースが本格的に普及し、ショッピングサイトが乱立してきました。サイトをまたがって比較検討する人が増えているようで、カゴ落ちはますます増えていくと見られています。ただ、カゴ落ちした顧客層というのは明確な購入意思がある人たちであるともいえ、この層に対するアプローチは売り上げに直結する施策になるでしょう。

 こうした流れを見て、ユミルリンクはカゴ落ち対策の機能を自社のメール配信サービスに追加しました。カゴ落ち対策機能単体でも販売しており、Eコマースを手がける幅広い企業に販売していく方針です。(銭君毅)