新型コロナウイルスの影響はいまだに継続しています。テレワークなどを中心として、3密を避けることを前提とした新たな働き方、いわゆるニューノーマルへの対応が多くの企業に求められています。従業員の安全面に関わる要素であるだけに、これは“やった方がいいこと”ではなく“やらなくてはいけないこと”であるといえます。

 とはいえ、ニューノーマルへの対応を一朝一夕にできるとも限りません。ITツールを導入するだけでなく、新しい働き方に対応するためのセキュリティポリシーや、従業員の現状把握が必要になるほか、従業員の健康管理やオフィスの清掃といった新たな業務の導入など課題は山積しています。

 そこで、クラウド型ワークフロープラットフォームを提供しているServiceNow Japanは、従業員の健康状態や新たな働き方に対する要望を可視化したり、新たな業務のタスク管理の自動化したりといった、企業のニューノーマル対応を支援する機能を持つアプリケーション群を発表しました。多くの企業が抱える課題を支援することで、同社のプラットフォームの価値を高めていく考えです。(銭君毅)

【記事はこちら】
ServiceNow Japan 企業のアフターコロナ対応と従業員の職場復帰を支援 ニューノーマル移行支援アプリをリリース