緊急事態宣言が再発令されたことで、完全テレワークは難しくとも、従業員の出社をできるだけ抑えようと企業が取り組んでいます。いわば、オフィスと在宅で勤務する人が混在する“ハイブリッドワーク”といえる状況で、従業員一人ひとりにとって柔軟に場所を選びながら働ける一方、管理する総務・人事の担当者にとって業務の負荷が増してしまうという課題が、これまでのコロナ禍の中でよく聞かれました。

 こうした背景から、ハイブリッドワークにも対応する勤怠管理などバックオフィス業務のソリューションが登場しています。コロナ対策のニーズにも対応する新たなソリューションや企業の取り組みについて取材しました。(前田幸慧)

【記事はこちら】
テレワーク+オフィスワーク ハイブリッドワーク時代の従業員管理