システムを「所有する」から「利用する」流れは、ユーザー企業の間で加速の一途をたどっている。この流れを受けて、SIerも従来の事業から、サービス型ビジネスの検討、展開が進んでいる。今、セキュリティ市場をけん引しているのも、サービス化の流れだ。セキュリティメーカー各社にとってクラウド化の流れに乗るうえでの懸案となっているのは、いかにxSP(ASPなどのサービスプロバイダ)や、通信事業者、SIerなどと協業し、提供サービスとしてセキュリティを組み込んでいくかということだ。(鍋島蓉子)