その他

<THE決断!ユーザーのIT導入プロセスを追う>パッケージかスクラッチか 悩んだ末に選んだのはソフト開発の自動化

2014/01/09 21:02

週刊BCN 2014年01月06日vol.1512掲載

 ガス会社の千葉ガスは、次期基幹業務システムの開発で悩んでいた。従来と同様、パッケージソフトを活用するか、スクラッチでゼロからつくるか、どうにも一長一短がある。パッケージは要求仕様を満たすための手直しがやりづらく、手組みのスクラッチ開発は開発の自由度は高いが、手間とコストがかかりすぎる。そうこうしているうちに、あるITベンダーの営業マンが飛び込みで売り込みに来た。「プログラムをつくらなくていいんです」。千葉ガスに提案したのは、キヤノンソフトウェアの営業マンだった。

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!
  5. 企業向けIT製品の導入事例情報の掲載が可能(登録および更新)自社の導入事例を無料でPRできます。
  6. ※会員登録フォーム内、「ITベンダー登録」欄での申請が必要です。
  • 1

関連記事

つくる、つくらない――ソフトウェア開発 どちらへ進むべきか

キヤノンソフトウェア 間接販売を本格化 自動開発ツールのニーズが高まる

<BCN Conference 2013>キヤノンソフトウェア ウェブアプリの自動生成を訴求 「Web Performer」を活用して高速開発

<田中克己のIT業界ウォッチング ~大手ベンダーの新たな挑戦を追う>5.NTTデータ システム開発の自動化を進める理由

外部リンク

キヤノンソフトウェア=http://www.canon-soft.co.jp/