業務改革/現場改善コンサルティング会社のインターメッセ(光本茂樹社長)は、ユーザーの「現場のIT化」について大きな課題を抱えていた。同社は建設や設備施工、イベント・広告などプロジェクト型の業態における“現場力”の向上に取り組んでいる。こうした業種は、現場の柔軟な対応や即応性が強く求められ、今も勘と経験と度胸、いわゆる「KKD」で成り立っていることが少なくない。現場の力を高めるためにIT化は欠かせないが、昨今の「全体最適」重視のITシステムの潮流にそぐわない部分もあった。