日本IBM(マーティン・イェッター社長)は、九州を中心とする西日本のIT市場を開拓するために、経営陣が自ら“どぶ板営業”を行って、ユーザー企業や販売パートナーとの関係づくりに力を入れている。2012年7月に西日本支社を立ち上げて、地元で経営判断できる事業体制を築いてから2年。医療領域を中心に、同社の西日本ビジネスは伸び始めているが、これからは本格的な拡大のフェーズに入る。日本IBMは今後、西日本地域を細分化し、業種特化型のアプリケーション開発を手がける企業と組んで、エリアごとの販売網を構築。景気が回復し、注目を浴びている九州市場の開拓によって、売り上げの伸びに結びつける。(ゼンフ ミシャ)