その他

【カスタマーサクセスで実現するITベンダーとユーザー企業のこれからの関係・2】CSMの役割と意義(後編)

2022/08/24 10:00

 近年、デジタルトランスフォーメーション(DX)の必要性が叫ばれている。しかし、取り組みがうまく行っている企業はどれくらいあるのだろうか。ユーザー企業のシステム内製空洞化や経営層と現場の意識の違いなど、DXを推進するには壁も多い。前回に続き、日本IBMの戸倉彩に話を聞くと、ITベンダーとユーザー企業の「共創」がDXの成功の鍵ではないかと感じさせられた。
 
戸倉 彩
テクノロジー事業本部カスタマーサクセス部長
企業とITエンジニアが共創するDeveloper Relationsに注力。2018年5月、
日本マイクロソフトのテクニカルエバンジェリストから、
日本IBMのデベロッパーアドボケイトに転身。
21年1月、カスタマーサクセスに軸足を置く。

DXとカスタマーサクセスの関係

園田 カスタマーサクセスマネージャー(CSM)は課題解決のプロだという話がありましたが、戸倉さんは部長になる前、CSMの一人として活動していましたよね。その中で気づいた、担当されていたお客様であったり、ひいては日本の企業であったりの共通の課題はありますか。

戸倉 はい。日本の企業では、生産性の向上や業務効率の改善が期待できる「DX推進の取り組み」に関して何かしら課題や問題を抱えている、というのが共通しているように感じています。

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!
  5. 企業向けIT製品の導入事例情報の掲載が可能(登録および更新)自社の導入事例を無料でPRできます。
  6. ※会員登録フォーム内、「ITベンダー登録」欄での申請が必要です。
  • 1

関連記事

【カスタマーサクセスで実現するITベンダーとユーザー企業のこれからの関係・1】CSMの役割と意義(前編)

【新世代の顧客体験・1】デジタル化による購買行動の補助

【IT業界に必要な人材やあるべき姿とは・3】今後の集中処理方式と分散処理方式

外部リンク

日本IBM=https://www.ibm.com/jp-ja