京セラグループの中核SIerである京セラコミュニケーションシステム(KCCS)は、年商1500億円に到達する成長を視野に入れて、注力事業の拡充を進めている。とりわけアジアの成長市場を中心とするグローバルビジネスの立ち上げは急務。ERP(統合基幹業務システム)やクラウドなどを軸にして、さらにKCCSの主要事業セグメントである情報サービスと経営コンサルティング、通信エンジニアリングの連携をより密接にするとともに、京セラグループとの相乗効果も一段と高めていく。佐々木節夫社長は、「変革と挑戦を通じてビジネス拡大を推し進める」と意気込む。