富士通で長年営業畑を歩んできた広瀬敏男氏が今年6月、主要子会社である富士通マーケティング(FJM)の社長に就任した。中堅民需市場にフォーカスしながらも、案件規模以外で富士通本体との違いが見えにくかったFJM。昨年10月に発表された富士通のグループガバナンス強化の戦略が揺らぐ中、どのような戦略で独自の色を出していくのか。広瀬社長を直撃した。