富士通研究所(村野和雄社長)と富士通デザイン(加藤公敬社長)は、財団法人電気科学技術奨励会主催の「第57回電気科学技術奨励賞」で「電気科学技術奨励賞」を受賞した。

 受賞対象となった技術は、富士通研究所が開発した「手のひら静脈認証」と富士通デザインが開発した「携帯電話による色覚認知補助技術」。「手のひら静脈認証」では、「電気科学技術奨励賞」の最高賞「文部科学大臣奨励賞」も受賞した。「文部科学大臣奨励賞」は、富士通グループで初受賞となった。贈呈式は11月26日に東京・千代田区の学士会館で行われる。