マイクロソフト(樋口泰行社長)は12月1日、ITベンチャー企業向け支援活動の一環として、新たに2種類の無償プログラムを2010年1月に開始すると発表した。

 開始するのは、ビジネスマネジメントノウハウを無償で提供する「マイクロソフト イノベーション アカデミー」と、マイクロソフトの最新技術サポートと検証環境を提供する「早期採用支援」。ともにマイクロソフト大手町テクノロジーセンターで展開する。

 「マイクロソフト イノベーション アカデミー」は、ビジネスマネジメントスキルの習得など、ITベンチャーの“人財”育成を支援する。毎月2コースを展開する計画で、1コースの定員は30人。IT事業を手がけるベンチャーが対象で、参加は無料。2010年1月にWebサイトで申し込みを受け付ける。

 「早期採用支援」は、最大1か月間のソリューション開発サポートと、マイクロソフト大手町テクノロジーセンターで検証環境を提供する。検証環境の構築コストを削減でき、ソリューション開発に専念できるようにサポートする。参加は無料で、メールで申し込みを受け付ける。

 長井伸明・デベロッパー&プラットフォーム統括本部ビジネスインキュベーション(LSE)シニアマネージャーは、「ITベンチャー支援ではさまざまなプログラムを展開しているが、テクニカルな取り組みがほとんどだった。今回の取り組みは、財務や人材育成、マーケティングプランの戦略立案など経営にフォーカスしている。過去のプログラムの間と間を埋める施策」と説明した。

加治佐俊一・最高技術責任者

 加治佐俊一・最高技術責任者は、企業市民活動について「マイクロソフトは景気の良い時でも悪い時でも、ITベンチャー支援への投資は大切だと考えている」とし、マイクロソフトが手がけるさまざまなITベンチャー支援施策の継続を約束した。

 マイクロソフトは新プログラムの発表に合わせ、優れたITベンチャー企業を表彰する「マイクロソフト イノベーションアワード 2009」の最優秀賞を発表。最優秀企業は、遠隔地からPC内のデータを消去するソリューション「トラストデリート」を開発・販売するワンビ(加藤貴社長)が獲得した。

「マイクロソフト イノベーションアワード 2009」で最優秀賞を獲得したワンビの加藤貴社長