大塚商会(大塚裕司社長)とサイオステクノロジー(サイオス、喜多伸夫社長)は12月7日、複合機のスキャナ機能を利用して紙文書を電子化し、編集可能な電子文書にできるソリューションを2010年1月25日から提供すると発表した。

 今回のソリューションは、リコー製複合機にスキャナ登録作業を可能にするサイオスのソフト「Quickコンバート」を搭載し、大塚商会が導入支援、保守サービスを行うもの。「Quickコンバート」を利用することで、スキャナ機能で文書を電子化する際に、データとして編集可能な形(Word、Excel、PowerPointなどMicrosoft Officeをはじめとする各種フォーマット)に変換することができる。

 電子化された文書はデータとして、グループウェアや業務システムなどのアプリケーションへ取り込むことも可能で、大幅な業務効率向上が図れる。Quickコンバートによって変換されたデータを取り込むことのできるアプリケーションは、名刺管理や当て込み印刷などができるメディアドライブの「やさしくシリーズ」で、今後、OSKの「eValueNS」などアプリケーションを随時増やしていく予定。

 また、大塚商会が提供する導入支援サービスでは、企業における電子化の目的と現状業務を把握し、その環境や業務・運用方法に合わせたシステムの導入や運用について指導を行う。これらにより、個々の企業の業務形態に即した運用が可能となり、オフィスのデジタル化推進と業務効率の向上が可能となる。

 ソリューション構成製品の税別価格は、「Quickコンバート」が9万8000円、導入支援サービスが5万円から、たよれーるQuickスキャン保守がMFP1台につき年間1万800円。別途MFP保守が必要となる。初年度は600社への導入を目標としている。