NEC(矢野薫社長)は、従来製品よりも最大で60%の電力を削減できるデータセンター(DC)向け2way/1Uラックマウントサーバー「Express5800/iR120a-1E」の販売を開始した。グループ会社でISPのNECビッグローブがもつDC運用ノウハウを活用。リモート管理機能も強化した。価格は21万5000円からで、12月25日から出荷を始める。

 低消費電力のCPUと省電力メモリ、変換効率が最大88%の電源ユニットを採用。同社の従来製品に比べ、最大60%の省電力化になる待機時での消費電力80Wを実現した。

 ビッグローブのDC運用技術を取り込み、リモート管理機能を拡充。BIOS、ファームウェア更新、サーバー情報やログ情報の採取などについて、遠隔地からの作業が可能になり、運用管理を大幅に効率化できる。

 NECではサーバーの発売にあわせ、大規模DC事業者向けにLinux OSベースのシステムに対する構築・運用支援の技術サービスを開始する。専用窓口を設置し、OS、ハードウェア、ミドルウェアの問題切り分けから調査の実施、原因解析ツールの提供、運用上の問題解決・回避手順・修正方法を提供する。

Express5800/iR120a-1E