米マカフィーは1月6日、「2010年のサイバー脅威予測」を発表した。McAfee Labs(マカフィーラボ)の分析によると、ソーシャルネットワーキングサイトやサードパーティのアプリケーションを標的とするサイバー犯罪が増加する見込みを示した。

 トロイの木馬やボットネットを利用したより複雑な攻撃や、HTML 5を利用した新手の脅威が出現することが予測される。その反面、10年は法執行機関にとって、サイバー脅威低減に向けて大きな飛躍が期待できる年になると予測している。

 McAfee Labsのジェフ・グリーン・シニアバイスプレジデントは、「この10年間で、サイバー犯罪の監視、検知、阻止能力は飛躍的に向上した。ソーシャルネットワーキングサイトの爆発的な普及や、人気アプリケーションおよび先進の技術を利用したサイバー犯罪の増加により、新たな脅威に直面している。しかし、2010年はサイバーセキュリティ業界が成功を収める年になると確信している」と述べている。