富士通は1月22日、4月1日付けで、執行役員常務の山本正己(やまもと まさみ)氏が執行役員社長に昇格する人事を発表した。間塚道義会長兼社長は、代表権のない取締役会長に就任する。同日に開催した取締役会で決定した。これに先立ち、1月22日付けで、山本氏は執行役員副社長に昇格する。

 山本氏は1954年生まれの56歳。1976年に富士通に入社し、2002年12月にパーソナルビジネス本部長代理、2005年6月に経営執行役(兼)パーソナルビジネス本部長、2007年6月に経営執行役常務(兼)ユビキタスプロダクトビジネスグループ長に就任。2008年6月からは、経営執行役常務(兼)システムプロダクトビジネスグループ長を務めていた。

・記者会見での質疑応答