大塚商会(大塚裕司社長)は2月1日、グループウェアとASPを連携した法人向け出張管理ソリューションを5月から提供開始すると発表した。

 このソリューションは、OSK(宇佐美愼治社長)の統合型グループウェア「eValueNS」とJTBグループのJTBコーポレートソリューションズ(田邊徹社長)の法人向け出張手配サービスを連携するもの。出張に関する申請業務、付随する交通機関・ホテルなどの手配から報告・実績管理までをすべて電子承認(ワークフロー)で一元的に管理し、複数の業務部門にまたがる事務処理コストを含む出張に関するコストを削減する。

 同ソリューションでは、企業内で利用するワークフローで出張申請を行う時にチケット手配なども同時に行えるように「eValueNS」のワークフロー上で動作し、出張手配サイトにシームレスログインが可能なテンプレートを開発。手配については、申請者はあらかじめ定められた法人専用の予約サイトで割引航空券や回数券の購入、宿泊の予約を行い、承認者は運賃種別や料金を含む社員の手配内容が適正か確認することができる。

 出張後の精算業務も、出張で実際に利用した交通手段の実績データをワークフロー伝票に取り込むことで、旅程入力の手間が省け、社員の出張行動を明確に把握することができる。また、コスト分析などもでき、集計結果を会計システムへ流すことも可能。さらに、チケット代金は一括後払い方式となるため、社員の立替払いが少なくなり、仮払い処理の負担を軽減することもできる。

 税別価格は、100ユーザーの場合、ASP基本契約料が27万円、ASP出張手配サービスが月額費用2万7000円から、eValueNSワークフローが90万円、テンプレートが9万円、初期設定・導入作業費が50万円。