ソフトエイジェンシー(立岡佐到士代表)は3月3日、英Inovicaの開発したRubyのソースコードを暗号化するソフトウェア「RubyEncoder」を3月8日に発売すると発表した。価格は3万1500円。また、「RubyEncoder」の日本語情報サイトもスタートする。

 「RubyEncoder」は、エンコーダとスクリプトローダの2つからなり、Rubyのソースコードをバイトコード形式に変換してRubyスクリプトを保護する。これにより、Rubyのソースコードをリバースエンジニアリングから守ることが可能となる。また、多彩なアプリケーションロック機構を備えており、IPアドレス、MACアドレス、ドメイン名などが一致しない場合、アプリケーションをロックし動作不能にすることができる。これにより安易なコピーを防ぐことができ、アプリケーションに有効期限を設定することで体験版を作成することも可能となっている。

 さらに、アプリケーションの暗号化とは別に、アプリケーションの実行に必要なライセンスファイルを作成できる。ライセンスファイルを利用することで、評価版や商品版などの異なったライセンスで、ユーザーにアプリケーションの配布が可能となる。