マカフィー(加藤孝博会長兼社長 )は、アドビシステムズ(クレイグ・ティーゲル社長)のエンタープライズデジタル著作権管理(DRM)製品「Adobe LiveCycle Rights Management ES2」との連携機能を搭載した情報漏えい防止情報漏えい防止(DLP)ソリューションの最新版「Host Data Loss Prevention(ホスト データ プリベンション) 9.0」の提供を3月23日に開始する。価格は1ノード1万6800円から。

 新たに搭載するAdobe LiveCycle ES2との連携機能は、マカフィーとアドビシステムズとの間で09年9月に締結したグローバルアライアンスに基づいて開発・提供を行うもので、両社はソリューションを共同展開する。

 マカフィーが得意とするポリシーベースのデータ分類と、アドビシステムズのポリシーベースの電子文書保護を組み合わせることで、ユーザー企業は知的財産やコンプライアンス関連データなど、重要なビジネス情報をより容易に保護できるようになる。データ分類に基づいた機密情報に対するアクセスコントロールを自動的に実行するとともに、コーポレートガバナンスポリシーを施行することで、大きな被害をもたらす情報漏えいを減らすことができる。

 このほか「Host Data Loss Prevention 9.0」には、証拠ファイルを保存したデータベースとは別に、ルール違反を引き起こしたテキストをハイライト表示する「ヒットハイライト」機能を追加。リムーバブルデバイス制御機能を強化したほか、機密データの検出ルールで使用されるドキュメントプロパティ定義を拡張し、保護ルールで使用することが可能になった。