フォースメディア(池田譲治代表取締役)は、4月6日、台湾QNAP Systems(QNAP)と正規販売代理店契約を締結し、同社のNASストレージなどを国内の法人市場で発売すると発表した。

 販売を始めるのは、法人での利用に適したQNAP製のNASストレージとネットワークメディアプレイヤーなど。QNAPは2004年設立のベンチャーで、信頼性が高く低価格なNASストレージの販売で成長し、台湾本社のほか中国と米国にも現地法人をもち、グローバルでビジネスを展開している。

 QNAPのNASストレージは、「オンラインエクスパンション機能」で、データを保持したまま大容量のHDDに交換して容量を拡張できる。また、運用を開始した後からでも容量重視または冗長性重視でRAIDレベルを切り替えられる「オンラインマイグレーション機能」を備え、柔軟に運用できる。

 フォースメディアは、プリンストン・テクノロジーの創業者・元社長の池田譲治氏が2010年1月に設立した新会社。すでにメモリの販売などでキングストンテクノロジーと代理店契約を結んでいる。