日立製作所(中西宏明社長)は、5月25日、SaaS型の環境情報管理サービス「EcoAssist-Enterprise-Light」が、スターバックスコーヒージャパン(岩田松雄CEO)に採用されたと発表した。全国約900店舗で活用している。

 「EcoAssist-Enterprise-Light」は、企業活動における電力やガスなどのエネルギー使用量情報を収集・管理するSaaS型サービス。複数拠点から入力された電力使用量やガス使用量などの情報を集計し、エネルギー原単位で比較・分析や、「エネルギーの使用の合理化に関する法律」の改正(改正省エネ法)向けの定期報告書作成を支援する。

 スターバックスコーヒーは、「EcoAssist-Enterprise-Light」を導入したことで、全国にある店舗のエネルギー使用量の把握と集計が短時間で可能になり、管理業務の効率化に結び付いたという。

 同社は、「改正省エネ法」と「地球温暖化対策の推進に関する法律」に対応するため、先進的な省エネ対策に取り組んできた。今回の「EcoAssist-Enterprise-Light」の導入は、その活動の一環。