F5ネットワークスジャパン(長崎忠雄社長)と日本IBM(橋本孝之代表取締役)は、6月23日、クラウド基盤向けサービスを通じて、ウェブアプリケーション最適化を追求したウェブアクセラレーションの機能を提供していくことで協業したと発表した。

 クラウド基盤向けサービスには、ウェブアプリケーションやネットワーク・パフォーマンスの最適化ができる日本IBMの「アプリケーション・アンド・ネットワーク・パフォーマンス・オプティマイゼーション-クラウド・コンピューティング(ANPO for Cloud Computing)」を採用。これを経由して、F5の「BIG-IP WebAccelerator」や「WebAcceleratorモジュール」を提供していく。

 この協業で、両社は遅延するネットワークアプリケーションのパフォーマンスを改善するほか、業務アプリケーションのパフォーマンス低下によるWANなどのネットワークを活用した際に生じる問題を解決。データセンターの統合や集約が加速するクラウド時代に向け、品質の高いアプリケーション実行環境の提供拡大を図るために連携していく。