アルプスシステムインテグレーション(ALSI)は7月14日、インターネットの有害情報から子どもたちを守るため、夏休み期間(7月20日-9月20日まで)、家庭のパソコン用フィルタリングソフトを無償で提供すると発表した。

 夏休みになると子どもが一人で家にいる時間が増え、家庭のパソコンでネット検索やゲームなど、インターネットに接する機会が増加する。インターネットは便利で楽しい反面、成人や残虐画像、詐欺、ウイルス感染など、子どもにとって有害な情報も多く存在している。また、掲示板やSNS、プロフィールサイト、出会い系サイトなどが発端となる誘拐・援助交際・いじめ・威力営業妨害などの事件・事故も起きている。

 これらの危険から子どもたちを守るため、ALSIでは、夏休み中にインターネットを安心・安全に利用できるよう「フィルタリングソフト」の無償提供を実施する。ALSIのフィルタリング啓発サイトで、7月20日から受付を開始し、9月20日まで無償提供する。初めてのユーザーにも気軽に利用してもらうため、無償期間中のみの利用も可能。