コクヨ(黒田章裕社長)は、8月17日、業務効率化と生産性向上などを目的に、グループ会社を含めアップルの情報端末「iPad」を1500台導入すると発表した。まずは8月から2010年末にかけて、営業部門などの特定部署に約150台を試験的に導入。来年度から本格的に導入し、約1500台を従業員に貸与する計画。

 顧客へのプレゼンテーションツールとして活用するほか、経営会議などの主要な会議で利用することでペーパーレス化も図る。また、オフィス兼ショールーム「ライブオフィス」の案内用端末として活用することで、顧客に対する説明も充実させる。