さくらインターネット(田中邦裕社長)は、完全仮想化による仮想専用サーバーサービス「さくらのVPS」を9月1日に提供開始した。

 「さくらのVPS」は、専用サーバーの自由度と共用サーバーの低価格、そして仮想化ならではの機能を合わせもつ仮想専用サーバーサービス。Linuxカーネルに標準搭載の仮想化技術「KVM」を採用し、完全仮想化を実現した。幅広い用途で気軽に利用できるよう、必要十分なスペック(メモリ512MB、ディスク20GB)を優れたコストパフォーマンスで提供する。

 また、Webブラウザから各種操作が行えるVPSコントロールパネルを用意。VPSの起動・停止・再起動やOS再インストールなどの操作を簡単に実行でき、リソースモニタ機能によりVPSの負荷状況をグラフ形式で確認することも可能となっている。リモートコンソール機能を使うことによって、設定ミスなどでVPSのネットワーク到達性がなくなってしまった場合でも、サーバーの操作をおこなうことができる。

 価格は、初期費用無料で月額980円のみ。今後、マルチOS対応やリモートデスクトップ機能「VNC」の提供などの機能強化や、上位プランの投入によるラインアップ拡充などを予定している。