コクヨグループのカウネット(勝村真信社長)は、クラウド型の間接材一括購買システム「べんりねっと」の簡易パッケージ版「べんりねっとライト」を提供開始した。

 「べんりねっとライト」は、同社が運営するオフィス用品提供サービス「ウィズカウネット」と、同社が推奨するサプライヤの商品・サービスの利用であれば、設定料や利用料などの費用が一切不要となるパッケージ型の購買システム。見積機能や承認機能、検収機能、購買データ提供機能、サプライヤウェブサイト連携機能など、購買管理に必要な基本機能を実装している。

 「ウィズカウネット」で取り扱う約3万7300品番の文具・事務用品や飲料・食料と、推奨サプライヤが提供する1000万品番以上の工具や理化学機器、電報、翻訳などの商品・サービスを取り揃える。推奨サプライヤは順次拡大していく予定。

 「べんりねっと」は、間接材購買の業務削減や支出適正化などを支援するシステム。2010年8月末時点で、約500企業グループ3000社が導入している。

べんりねっとライトの概要