米パラレルスは、9月29日、「Parallels Operations Automation」に追加可能なモジュールとして、Linux共用ホスティング次世代サービスモジュールを発表した。

 今回のLinux共用ホスティング次世代サービスモジュールは、クラスタリング、ロードバランシング、独自のサイト独立技術を搭載し、共用ウェブホスティングサービスのための安定したパフォーマンスと99.99%以上のアップタイムを実現する。

 これによって、サービスプロバイダにかかるインフラコストと運営コストを削減し、従来のソリューションと比べて、1サーバーあたりのウェブサイト収容数を最大10倍まで増加できるとともに、SLAで保証された共用ウェブホスティングサービスを可能にする。