オートノミー(熊代悟代表取締役)は12月2日、Webコンテンツ製品プラットフォームの最新版「Autonomy Interwoven TeamSite 7(TeamSite 7)」を12月中旬に発売すると発表した。

 「TeamSite 7」は、強力な検索エンジンIDOL(Intelligent Data Operating Layer)を新たに装備し、ページ生成だけにとどまらない最先端のオンラインマーケティングを支援するWebコンテンツプラットフォーム。自社サイトの枠を超えた迅速なコンテンツ提供として、SOAPおよびRESTのインターフェイスを使って、外部サイトからも利用可能な柔軟なコンテンツ提供を実現する。

 エディター機能(WYSIWYG)では、テンプレートの使い勝手を大幅に向上し、ページの制作および公開前の表示確認がさらに容易となった。標準でナビゲーション/パンくずのコンポーネント、フィードバックや評価などのソーシャルコンポーネント、ページ構成(ヘッダー/フッター、ボタン、ページスタイル選択など)の各種コンポーネントを提供し、より迅速なページ制作を実現する。

 このほか、ワークフローや本番公開のステータスを確認するレポート機能の拡充、管理機能を使いやすく改善、携帯やスマートフォン、タブレットなどマルチデバイス対応、多彩なディスプレイ環境への対応などの機能強化を行っている。