NTTコムウェア(杉本迪雄社長)は、1月20日、エンタープライズ・クラウド「SmartCloud」から、セキュリティを確保した大容量メールサービス「スマートクラウド メール」を発売した。4月からサービスを提供する。

 「スマートクラウド メール」は、ウイルス対策や迷惑メール対策のほか、メール監査やメールアーカイブなどの機能を提供する。ユーザー企業の組織/利用者ごとのセキュリティポリシー設定ができる。

 耐災性やセキュリティにすぐれた国内データセンターを利用することで、稼動率99.95%で24時間365日の提供を実現。ユーザー企業のイントラネットからの閉域網経由のアクセスに対応し、情報漏えいリスクや他トラフィックからの影響を最小限に抑える。

 1アカウントあたり最大10GBまでのメール容量を提供する。メールクライアントと同様のドラッグ&ドロップや右クリックなどの操作性に加え、メールの整理にはフォルダの階層管理やメール添付ファイルを含めた高度な検索機能を備えた。

 税別価格は、100アカウント以上、メールボックス容量100MBの場合、1アカウントあたり月額450円から。