日立情報システムズ(日立情報、原巖社長)は1月26日、クラウド型サービス「Dougubako(どうぐばこ)」のメニューに、顧客自身のPCから業務アプリケーションの機能だけを低価格で利用できる「仮想アプリケーション提供タイプ」を追加し、2月1日に発売すると発表した。

 「Dougubako」は、実績・定評ある業務アプリケーションを、日立情報のデータセンターからインターネットを通じて提供するクラウド型のサービス。データの安全な保管や複数のアプリケーション間でのデータ連携のニーズを踏まえ、アプリケーションの機能からPC環境(仮想デスクトップ環境、データ保管・連携機能)までをワンセットで提供する。

 今回、単一のアプリケーションをより低価格で手軽に利用できる「仮想アプリケーション提供タイプ」をメニューに追加し、四電工の「Craft-CAD」を含めた14種類のアプリケーションをこれに対応させた。また、同タイプの発売に合わせて、12種類のアプリケーションを「Dougubako」のラインアップに加えた。これにより、「Dougubako」で利用可能なアプリケーションは全45種類となった。あわせて、顧客が自らの業務環境に適したアプリケーションと関連サービスを選びやすいよう、サービス体系を見直している。