ネットギアジャパン(ネットギア、杉田哲也社長)は、ネットワークスイッチ「ProSafe Plus」の新製品として、ギガビット8ポートの「GS108E」と16ポートの「GS116E」、PoE給電対応ギガビット8ポート「GS108PE」を2月から販売開始する。

 「ProSafe Plus」スイッチシリーズは、NETGEARノンインテリジェントスイッチにVLAN、QoS(Quality of Service)、ポートミラーリング、ループ検知、ブロードキャスト制御などの機能を搭載した。少ない投資でネットワーク管理、トラフィックを最適化できるコストパフォーマンスの高いネットワークスイッチだ。

 「GS108PE」は、ギガビットポート8つを備え、そのうちの4つにPoE給電機能を搭載(ポート1-4、最大45W)。PoE受電に対応した無線LANアクセスポイント、IPカメラ、IP電話などのネットワークデバイスに電源コンセントなしで電源供給ができるので、レイアウトの自由度が向上する。価格は、「GS108E」が1万2390円、「GS108PE」が2万9190円、「GS116E」が2万6040円。