日本ラドウェア(秋元正義代表)は、データセンター(DC)向けの仮想化アプリケーションデリバリソリューション「VADI」の事業拡大に取り組む。2月16日、「VADI」の新製品として、ADC(アプリケーション・デリバリー・コントローラー)仮想アプライアンス「Alteon VA」と、管理ツール向けプラグイン「vDirect」の提供を開始した。

 秋元正義代表は、「クラウド・プロバイダーやホスティング・プロバイダー、大手企業の仮想化されたDCなどをターゲットに新製品を展開。これらを商材に、仮想化関連技術の事業展開に注力していく」と語った。

 ADC仮想アプライアンス「Alteon VA」は、ADC製品「Alteon」をソフトウェアとして提供。仮想インフラストラクチャ上で実行される仮想アプライアンスでありながら、レイヤ4-7負荷分散機能やアプリケーションの高速化機能などを備える。同社のホームページから、1か月の無料試用版をダウンロードできる。

 「vDirect」は、仮想DCに特化して設計した管理ツール向けプラグイン。最初バージョンは、VMwareのオーケストレータ「vCenter Orchestrator」に対応する。(ゼンフ ミシャ)

秋元正義代表