IDC Japan(竹内正人代表取締役)は、2月21日、ITサービスの国内市場予測を発表した。

 2010年の国内ITサービス市場は、前年比1.4%減の4兆9500億円で、09年に引き続き2年連続のマイナス成長になった。IDC Japanは、ユーザー企業の業績は上向いてきたものの、ITサービスに対する投資に慎重な姿勢が変わっていないと分析している。

 しかし11年になると、金融業界におけるシステム統合需要や、これまで凍結されてきた新規システム開発と既存システム更新の需要が強まり、前年比1.5%増で、プラス成長に転じるという。11年の市場規模は、5兆236億円としている。

 中期的な見通しでは、2015年まで3%を超える成長は見込めないとした。国内ITサービス市場の成長を牽引してきたITアウトソーシングが鈍化するとともに、大企業を中心に、システム開発予算を国内向けから海外向けにシフトする動きがみられることが要因という。(木村剛士)

国内ITサービス市場の投資額予測