KVH(リチャード・ウォーリー最高経営責任者)は、3月1日、「KVHインターネット接続サービス」と「KVHデータセンター・インターネット接続サービス」のユーザー企業を対象に、同一回線上でIPv4とIPv6、両方のインターネット接続ができるIPv4/IPv6デュアルサービスなど、三つのIPv6対応サービスを開始した。

 IPv4/IPv6デュアルサービスは、同一回線上でIPv4とIPv6両方のパケット転送を実現し、既存のIPv4環境を並存して利用できる。このほか、IPv6の接続環境のみを利用するIPv6ネイティブサービスと、IPv6パケットをIPv4パケットにカプセル化して通信し、既存のIPv4ネットワーク上でIPv6パケットの中継ができるトンネリングサービスを提供する。

 提供するのは現時点では関東エリアで、今後、順次拡大していく。利用料金は、現行のIPv4インターネット接続サービスに準拠する。(ゼンフ ミシャ)