アルプスシステムインテグレーション(ALSI)は、ファイル暗号化ソフトの新バージョン「DocumentSecurity Ver.4.0」「DocumentSecurity BASIC/暗号Edition」を3月31日に発売する。

 「DocumentSecurity」は、情報漏えい対策としての基本機能である暗号化とアクセス制御、デバイス制御、フォレンジック機能を実装しつつ、使いやすさや運用のしやすさといったユーザビリティを可能にした情報漏えい防止ソフト。新バージョンは、「Microsoft Office2010」「Adobe Reader X」「日本語版Microsoft Windows Server 2008 R2 Standard Edition」に対応。高度なファイル暗号とDRM機能で、クラウド導入時のセキュリティ対策や「改正不正競争防止法」にも対応している。

 価格は、「DocumentSecurity Ver.4.0」が55万1250円から、「DocumentSecurity BASIC/暗号Edition」が22万5750円から。